Img20090601221612
Cocoちゃん~
Img1b20090601221612
Img1c20090601221612
大吉君~(左)
Img2a20090601221612
Img2b20090601221612
ルーク姉さま~
皆に会えて本当に嬉しかった
Img20090604200621
ビッキーちゃん(右) あずきちゃん(真ん中) 2匹とも8歳と思えない若さ!
Img1b20090604200621
ミニチュアダックスのあずきちゃんです
Img20090604201520
3時間半のお散歩
Img1b20090604201520
何回来ても
Img1c20090604201520
本当に楽しいねえ
Img2a20090604201520
クローバーとモンシロチョウがいっぱい
Img2b20090604201520
いいねえ
Img2c20090604201520
タダでアリサママの体重も減るし
Img20090605133340
Img1b20090605133340
Img1c20090605133340
楽しくて笑っているのかと思ったら、暑くて口あけていたのか・・・
Img20090611084324
アリサ、6歳児と接触 やればできるじゃん
Img20090611085158
カーテンに伸びる鋭い爪
Img1b20090611085158
不気味に光る2つの眼
Img1c20090611085158
その正体は、、、ずどーん「つちのこ」状の豆蔵
Img20090611085703
ご無沙汰しております 豆蔵のペンパル チュン太君です。
Img1b20090611085703
先月、I家のクロベエ君(右)が虹の橋を渡りました。
心からお悔やみ申し上げます。
Img20090612130505
いつものようにリリ君とお散歩していたら華ちゃん登場
Img1b20090612130505
Img1c20090612130505
大きさがこんなに違っても仲良くできて犬って偉いなあ
Img2a20090612130505
Img2b20090612130505
華ちゃん!よろしくね
Img2c20090612130505
華ちゃんの2倍以上の体重の豆です 
Img20090615112350
Img1b20090615112350
お散歩の最後に、嬉しいことがあって、よかったね
Img1c20090615112350
ココちゃん、遠くまで歩いて来てくれて、ありがとう
Img20090615112852
Img1b20090615112852
ご機嫌でお出かけしたけど
Img1c20090615112852
Img2a20090615112852
なあんだ 届け物のついでの日帰りかあ
Img2b20090615112852
Img2c20090615112852
Dad.とガウガウできたから、まあいいことにしよう
Img20090616173850
豆蔵です。ソファーの背に腹を乗せています。
Img1b20090616173850
Img1c20090616175203
こちらは16歳の直です。もう猫叉のようです。
豆蔵は鍵尾なので、自分で意識せずにペンたてやカーテンなどを引っ掛けて、「何するんだよォ」といった目でこちらをにらみます。それから、、、炭酸カルシウム入りのゴミ袋の「カシャカシャ」という音を聞いて脱兎のごとく(猫なのに)逃げるのは豆蔵だけです。普通、食べ物を連想して寄ってくるのに。
Img20090618181817
トットットットットッ
Img1b20090618181817
トトトトトトトト
Img1c20090618181817
ット ット ット ット ット
Img2a20090618181817
あずきちゃ~ん アリサのこと思い出して~
Img20090619102847
Img1b20090619102847
Img1c20090619102847
行儀見習い中
Img2a20090619102847
Img2b20090619102847
Img2c20090619102847
Img20090621120118
Img1b20090621120118
Img1c20090621120118
アリサの仕事は除湿の効いた自宅でお留守番でした。
Img20090622184503
Img1b20090622184503
Img1c20090622184503
低気圧だと皆、眠いようです
(Click!)
ブリーダー宅での大量犬焼死
過失とはいえ、経営者には今後、同じ生業を許可して欲しくない、と個人的には思う。
それは、今回の事故は、清掃と適正な飼育管理で防げるから。

推測ですが、ドライヤーからのトラッキング火災(コンセントをつけっぱなしで埃がたまると発火する)→掃除が追いつかないないほどの犬の大量生産
加えて、助け出すには大量すぎる犬の飼育数
防犯防災契約やスプリンクラーがない上に、無人の状態がありうるという状況は、適正な飼育状況と思えますか。

風が吹くと桶屋式に考えてみてください~~ペットショップで金銭で犬を買う消費者が後を絶たない→劣悪な環境下で大量生産をするブリーターが淘汰されない→清掃と適正な飼育管理で防げる事故が防げない
将来、犬と生活しようと思う人間は、目の前の仔犬のかわいさ、よりもその犬をとりまく背景(無理なブリーディングで闇に消える犬達、狭い檻で過剰な出産を強いられる犬達が多いことに加担していないか)を知って、全ての小さな命を尊重する方向で行動して欲しいと思う。
Img20090629094550
そのバターをなめさせろ!(この後、爪が引っかかってパンツ下がっちゃいました)
Img1b20090629094550
やりたい放題だが、健康で大変よろしい。親愛なる直、16歳おめでとう。
Img1c20090629094550
豆の尻尾
Img20090628093930
Img1b20090628093930
あずき家http://azuki.petit.cc/でご機嫌させていただきました
Img1c20090628093930
豆蔵の弟?
Img20090629094953
Img1b20090629094953
先日、あずきとうちゃんに接写していただきました!犬の鼻ってこんな風になっているんだ!